ネットショップはこちら

ペットに抱っこ紐は必要?抱っこ紐が便利なシーンをご紹介!

最近、ペット用の抱っこ紐が人気があるって聞いたけど、本当に必要なのかな?

結論から言うと、「必要なご家庭が増えています」

抱っこ紐があると便利なシーンは多いのです。

ペットが長生きするようになり、病気や介護などの問題も増えてきました。

人間と一緒で歳をとると病院に行く機会が増えます。

また、認知症になったワンちゃん猫ちゃんが、「抱っこしていないと寂しがってよく鳴く」という話も聞きます。

小型の室内犬の飼育頭数が増えるに従って、「犬を抱っこして外出する」と言う状況も多くなったのでしょう。

ですので、

犬の犬種による

猫の性格や状況による

家庭環境による

とは思いますが、飼い主さんが少しでも快適にペットと一緒に暮らして行く中で、欠かせないアイテムになってきているのが、ペットの抱っこ紐です。

実際に抱っこ紐を使っている方に聞いてみました!

愛猫が認知症になって・・・

猫が認知症になって、一日中抱っこって言ってくるんです。

エプロンに包んで抱っこして。でもそれじゃ、両手が開かないから何にもできなくて。

gyuttone!に出会って、これで用事もできるし、抱っこの要求にも応えてあげられます。

シニア猫の飼い主様 50代女性

マンションのエレベーターで・・・

ペット可のマンションだけど、共有部分とか、エレベーターなどは抱っこしなくちゃいけないんです。

お散歩のバックなども持っているから、抱っこ紐ないと不便ですよ

シニア犬の飼い主様 40代女性

多頭飼いなので・・・

15才と3才のミニチュアダックス二頭います。

一緒に散歩に行った際にシニア犬の方が途中で歩けなくなっちゃうので、抱っこ紐使ってます。

多頭飼いの飼い主様 60代女性

猫が仕事の邪魔をしてくるので・・・

在宅仕事なんですけど、パソコン開くと必ず猫が机に飛び乗ってきてパソコンの前に陣取るんです。要は、構えってことなんですけど、抱っこ紐の中に入れてあげたら大人しいので、もはや仕事の必需品って感じ。

黒猫二頭の飼い主様 20代

病院の待合室で・・・

病院の待合室で待っているとき、結構重いんですよ。4キロくらいだけど。抱っこ紐ないと、しんどいです。

トイプードルの飼い主様 20代女性

結構使っている人、多いんだね!まとめると、どんな時使えるのかな?

抱っこ紐が重宝する場面は、こんな状況です!

病院に行くとき、待合室などで

ペットの高齢化や病気による介護が必要になったとき

マンション住まいで共有部分では抱っこをしなくてはならないので

カフェやイベントなどに連れていくとき

旅行に行くとき

大きさの違う犬を何頭か連れてドッグランなどに行くとき

災害時に避難するとき

ペットと一緒に暮らしていると、「今日はこの子も連れて行ってあげたいな」と思ったり、子どもに「今日は〇〇(ペットの名前)も一緒に行ける?」などと聞かれたりすることはよくあります。

もちろん、ペット禁止の場所もたくさんあるので、無理にとは行きませんが、できるだけ多くの時間を共有し、思い出を作りたいと思うもの。

条件が合えば、我が家も愛犬コタロウを連れていきます。

ペット用品の展示会や、ドッグフェスのような、最初からペットたちを連れてくるのが想定されているイベントには、必ずと言っていいほど一緒に行っています。

純粋に、楽しいし、そこで他の飼い主さんとの交流も楽しいのです。愛犬がいるからこそ生まれる会話もたくさんあります。

そういうとき、抱っこ紐があるのとないのとでは、飼い主さんの負担が大きく変わります。

確かにそうかも。特に小さいワンコは疲れやすいもんね。抱っこしたほうが行きやすいとこはあるね。

まとめ: ペットが長生きするようになったことや、飼育頭数が増えたことを受けて、ペット用の抱っこ紐が必要なご家庭は増えています。

なるほど!じゃあ、抱っこ紐の付け方ポイントや選び方も知りたいね!

付け方や選び方のポイントは、次のコラムで解説するよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US

広報担当:なり広報
kanadelの広報担当、本間成(ほんま なり)です。 web周りのことやイラストを描くこと、コツコツ地味な作業が好きです。 将来は田舎に帰ってさとうきび畑を継ぐ。